二重の手続きを確認しておこう【傷痕が気にならない】

レディ

二重になるには

ナース

自分の目に自信を持つ方法とは

一重などで腫れぼったいまぶたになっていませんか。顔の形は人それぞれ違いますから、満足している人もいれば、不満をもっている人もいます。自分の目にコンプレックスを持っている人はとても多いでしょう。二重になりたいけれど、元に戻らない、切らないといけないと思って躊躇しているのならば、最新の治療法をチェックしてみてください。確かに、切開法という美容整形はあります。実際にまぶたを切開してしまう方法で、全体的に切開する方法と部分的に切開する方法があります。どちらであっても切開することには変わりません。だから、ダウンタイムのことまで考えてから手術を行ったほうが良いでしょう。術後はしばらく腫れたり痛みが残るでしょう。効果がはっきりと表れるまでにはそれなりに時間がかかってしまいます。切開法も良い治療法ですが、より手軽に二重になれたほうが良いとは思いませんか。今は、切開しなくても埋没法で二重になれます。埋没法は、まぶたの何か所かを糸で固定します。これだけで二重のラインを作り上げることができるので、切開する必要がありません。やはり、切開しなくて済むほうが抵抗がなくなるもので、埋没法を選択する人がとても多いです。切開法の場合は、切開しなくてはならないので、手術してしまったら元に戻すことはできません。しかし、埋没法の場合は糸で固定しているだけなので、糸を切ってしまえば元の状態に戻すことができます。元に戻れる安心感もあって埋没法を選んでいる人が多いのかもしれません。比較的、埋没法は切開法と比べると費用もリーズナブルなことが多いです。ダウンタイムもあまり考える必要がありませんので、美容整形を受ける人が各段に増えたと言っても良いかもしれません。ダウンタイムをあまり考えなくて良いので、あまり休みが取れない人も腫れることを恐れる必要がないので手術を受けやすいでしょう。メリットばかりと思われがちな埋没法ですが、気を付けなくてはならないこともあります。強くまぶたをこするなどしてしまうと糸が切れてしまう恐れがあります。もともと髪の毛よりも細い糸を使って固定していますから、糸が切れることを考えて生活してください。もちろん、切れやすい糸というわけではありませんが、花粉症などで目を強くこすらないようにしましょう。また、あまりにも頑固な一重の場合は埋没法よりも切開法のほうが適している場合もあります。だから、医師とよく相談した上でどちらの方法が自分に合っているのかを考えてから決断しましょう。目の印象は、その人の印象を大きく左右してしまうくらい重要です。だから、一重の人はあまり良い印象を持たれていないのではと不安になることもあるでしょう。メイクで二重にするのも良いですが、まぶたに負担がかかってしまいますから、思い切って美容整形を受けることも考えてみませんか。美容整形してしまえば、すっぴんの時もずっと二重のままです。埋没法ならば抵抗感もあまりないでしょうし、コンプレックスを抱えているのならば、自分に自信を持つためにも美容外科でカウンセリングを受けてみませんか。無料で相談できるので気軽に足を運べます。